2016シーズン17日目+3日目(普及活動)小海リエックス

本日は珍しく子供を連れて、スキー場へ。
スキーもしたいみたいが、息子は雪遊びとか温泉とか、雪国自体を楽しんでるようだ。

先月の頭にも連れていったのだが、かなりの緩斜面でもまだボーゲンで止まるということが出来ず、ターンも出来ず、っていうレベルだったので、本日も無理には滑らせなかったのだが・・・
リフト一本目は自分の腰にしがみつき、スピードに慣れさせてみた。

二本目はキッズチャレンジ?コースのウェーブやスラロームにあるコースに入りこれも腰にしがみつき、慣れさせてみた。最後はちょっとだけ、知らぬ間にボーゲンが出来るようになっていた。

しばらく雪遊びをして

三本目。

リフト降り場から、緩斜面は一人で滑らせてみた。

むむむむむ。

ボーゲン出来るようになってる??

スラロームもこれるか??

後ろを振り向くとボーゲンだけど、トップから回してるぞ???!!
さらに整地にきて、急に足を揃えだした。

おい!!暴走するぞ!と思いきや

パラレルの小回りっぽくターンしてる!!

??????

どういうこと???

滑り方なんてぜんぜん教えてない。八の字してスピード落とせくらいしか言ってないが・・・

息子になんで足を揃えられたか聞いてみた。

『だって、いつもスキーのビデオ一緒にみてるじゃん!』

だって・・・・・・

えっ???
動画をみて、イメージだけで子供は滑れちゃうのか???
やっぱり、イメージというのは大事なんだと。

改めて強く再認識させられた1日であった。