2017シーズン26,27日目(斑尾タングラム、栂池)

おっと

これは

洒落た斑尾のトイレの個室です(笑)

思わず撮ってしまった。

□斑尾&タングラム

前日の降雪と晴天のおかけで、素晴らしい景色であった。

タングラムの山頂にあるレストハウスからの眺めはこれだけで来る価値があるかと思うほどの景色。

しかし、

個人的には

コースレイアウトがもう一歩かなー・・・

斜度、距離感ともにうーむ。。。

コブは何種類かレパートリーがあり、練習に、なった!

本日の収穫!

〇コブ(斑尾)

腕の構え、ゴリラポーズでOK、肩は動かさず腕は振っていい

これは非常に腕の流れが良くなった

スキーグラフィックの近大スキーのDVDで話していたのを試してみたら、めっちゃ腕がスムーズになった!!

今シーズン1番滑りに変化があったと思う!

□2日目は栂池へ

過去に何回か来てるけど改めて、栂池のチャンピオンコースは滑りやすい。

斜度も急すぎず、緩すぎず、この時期の練習には最高のバーン。

このコースが白馬バレーの入口付近にあれば文句なし。。。なのだが、

五竜や八方と比べてしまうとちょっと遠いから・・・

〇ショート(栂池)

春雪、

両足で踏んでいくと板が走る。

内足のアウトエッジが重要

微妙な前後動作(上下)を入れると身体が遅れなくなる。

ロングと同じように右足外足の時に体軸を傾けてしまっている。このため、次のターンへの入りが遅くなっている。

〇ロング(栂池)

ターン後半の外向系が弱い。内倒している。

特に右足外脚の時。

予想以上に酷かった・・・

これではテクニカルとは言えないほどの滑り・・・

恥ずかしい(TT)

岩岳、八方、47を見渡せる景色はなかなか贅沢なものであった!

ターン後半の強めの外向系と、視線の向きに気をつけるとターンの入りがいい感じになった!

横滑りと、内足あげの練習を繰り返すとポジョンの修正が出来て、苦手な左足のポジョンがよくなった!

左足に乗れてない時の処方箋がこれで分かった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA