テクニカルへの小回りイメージ

白馬での一人スキー合宿を終えて今日は職場へ・・・
気持ちも普通なら乗らないところですが、幸運にも職場にはスキー正指導員の資格を持っておられる人がいるのです!!
なんと恵まれた環境!!( 笑 )

イマイチしっくりこなかった、小回りのトップを回すイメージについて質問してみました!
私)トップを回すイメージが強いと切り替えからテールのズレが生じて、スピードが乗らない。

正指導員)ひねりで、トップを動かすわけではなく、ターン全体を通してトップが動いているように見せる。板のシナリを使いトップを、走らせるんだよ。
私)・・・・・・

メッチャ難しいじゃないですか!!

正指導員)それがプライズテストに求められることだから!

その通りだ!!

自分はそこの高いレベルを、求めやっているんだ!

難しいだなんて言ってる場合じゃない!!
練習あるのみ!!

まずはイメトレ。
切替から早めに足場を、しっかり作り板に圧を加えるってことだな!!
足が治ったら階段でまずは陸地トレをしてみよう!!

早く打撲を治さなきゃ!

ほんとに、ただの打撲だといいんだけど・・・
風呂で冷水で冷やし湿布を貼って寝よう。

スキーの神様。
私の足を早く治してください(-人-)

2016シーズン18,19日目(+3日)テクニカルへ向けて一人合宿

日、月と白馬エリアで一人スキー合宿しきました。
宿はいつもお世話になっているところなので、1人でも気軽に泊まれます。

ほんとは、日曜日も月曜日も現地で合流予定があったのですが、皆さんいろいろあり、ほんとに一人スキーになりました。
ということで、今回は動画はなしです(^^;;

〇1日目

初日は八方へ。
晴れたり曇ったりの天候の変わりやすい日でした。

クロビシのクワッド沿いで、大回りの練習。

ゆっくりとした切り替えから、動きのあるロングターンを意識して、空いてるタイミングでは、極力スピードを出してみた。

小回りはセントラルの急斜面。

トップを動かす意識と股関節を柔らかく使う意識で滑った。
↓国際


その後、国際のコブと咲花のコブを練習

国際のコブはやや間延びした間隔でイマイチ練習には向かなかった。

↑咲花 上段のコブ

咲花のコブは上段、中段、下段とそれぞれ斜度の違うバリエーションのあるコブの練習には最適。
コブ練習には穴場的なコースでけっこう気に入っています。

↑咲花 下段のコブ

最後にうさぎのコブを滑ったら力尽きて、本日の練習は以上でした。

昼くらいから、コブが緩みだしコブの、練習には最適な環境でした。

〇2日目

2日目は五竜へ。
平日のスキーは最高って

気が緩みすぎたか・・・

こんな天気で、こんないい雪質

そして、空いてるゲレンデ・・・

文句の付けようがないコンディション。
グランプリコースを

大回りで飛ばしまくりました!!

飛ばす中でも、身体の動き、切り替えのゆとり、トップから食いつかせ、両足での荷重を意識して滑走。

大回りはなかなかいい感触に!!

苦手なリズム変化も何回かチャレンジ。

中回りを入れた時にしたスピードについていけず、どうしても後傾に・・・(T^T)

慣れるしかないのか・・・

小回りはこの日はほんの少し。理由は数行後で・・・

昨日からの取り組みのトップを動かす意識で滑った。しかし

しっくりこない。

トップを動かす意識が強いと、切替から早いタイミングで、テールよりのズレが生じてしまい、スピード感・リズム感が出ない。

うーーん。

テクニカルに向けて

もっと

練習が必要だ。


そろそろ人も増えだしたし、霧も出てきたから47のルート2,3当たりで小回りとコブの練習に行こうかと思い、グランプリコースをもう1本小回りで滑って移動しようと思っていたら。

リフトを降りるとコース場に誰もいない・・・

こんな時はやっぱり大回り!!!
と思い、かっ飛んだ!!

気持ちよくリズム変化も入れてみた・・・

すっ飛んだ・・・
内足に乗りすぎインエッチが引っかかり、バランスを崩し転倒・・・

スピードがあったのでなかなか止まらず、転びながらも板でスピードを止めに行ったら・・・

上手く減速出来ず一気に圧がかかってしまい、ブーツと足の境目を強打・・・

メッチャ痛い・・・

負傷・・・

チーーーん(T^T)
あえなく勇気ある撤退(T^T)

2日間の成果としては大回りはいいフィーリングになってきた。

小回りは大きく課題が残った。

リズム変化は慣れる必要性を実感。

コブはボチボチ。
早く足を治してまたテクニカルへ向けて練習するぞ!!!

軽いランニング

日~月の一人スキー合宿に向けて、事前の軽いランニング。
体力維持程度の5キロ弱。

1人でも合宿っていうんだろうか・・・

八方と五竜に行く予定です。


夕焼けランニング


今日は薄曇り?これくらいは晴れと言うのかな


富士山は今日も美しい

ランニングとテクニカル超えのイメトレ

今日は

午後お休みだったので、いつもより長めにランニング・・・
ほんとは2時間とか軽く走れるといいんだけど・・・

今はそんな体力はなくて、10キロで限界(T^T)

日々の走り込みが足りなさすぎる(T_T)

週三は走らないとダメだな(^^;;


雨上がりの空はいい青だった。


海は荒れていました


波飛沫で、道が霞んでいました。

とある。スキーの上手い人の会話。

『アイスバーンでも身体を板と一緒に動かし、トップを動かしていれば、ターンしてるように見える』

(アイスバーンでただ板がズルズルーーって足元から離れ、動きが止まって、落ちるだけになってしまうふうには見えない)
というコメントを聞いた。

ふむふむ。
やっぱり

身体を板についていかせる。

ってのが

大事なんだな!
今週末やってみよう!!

マスターすればクラウンも見えてくる??

いやいや

テクニカルにさえ、受かってないうちから、クラウンの話は早すぎですね(^^;;

しかし、クラウンを目指さなければ、テクニカルも受からない気がする(^^;;

よっしゃ

また

週末もやるぞ!!

スキー革グローブの手入れ

今まで使っていたスキーグローブが破れてしまったので最近、グローブを買いました。
初めて革のグローブを買ったので、どうやって手入れをしたらよいのか、不安に思っていましたが、ネットで少し調べてみました。
やはり、革製品はオイルによる手入れが必要とありました。
むむむ。

手間がかかるかなー

オイルはないなーって思っていたんですが・・・
あった!!

野球のグローブ用のオイルがあった!!
早速、グローブにオイルを・・・

って。
野球のグローブの手入れを久しぶりにしました。

懐かしいな~このオイルとグローブの匂い。

青春を思い出す( 笑 )


スキーグローブ用のオイルはやっぱり明日にでもスポーツショップにいって探してみようと思いました。

もし

無かったら

野球用のオイルを塗っちゃうかも?
だって同じ革でしょ??
やめた方がいいのだろうか・・・(^^;;

階段ランニング&イメトレ


山道を軽くランニング。
足に程よい刺激!


股関節の動きを意識しながら。
特に下りは意識を高める!

今日も遠くで雪山が呼んでいる!!!
また

週末に行くからなー!!


下りの階段でツイストを入れてみた。

コブと小回りを意識して。
階段が細かくなると、ツイストの動作もテンポを上げる必要があり、細かいコブのトレーニングになる!!!
これがけっこうハードで、足の太股がパンパンになり、途中踏ん張れないと思い危険になり止めた。

途中でやめられるような大人になったなーっと

変な実感があった。。

若い頃は限界までやろうとして

怪我してたな(笑)(笑)

2016シーズン17日目+3日目(普及活動)小海リエックス

本日は珍しく子供を連れて、スキー場へ。
スキーもしたいみたいが、息子は雪遊びとか温泉とか、雪国自体を楽しんでるようだ。

先月の頭にも連れていったのだが、かなりの緩斜面でもまだボーゲンで止まるということが出来ず、ターンも出来ず、っていうレベルだったので、本日も無理には滑らせなかったのだが・・・
リフト一本目は自分の腰にしがみつき、スピードに慣れさせてみた。

二本目はキッズチャレンジ?コースのウェーブやスラロームにあるコースに入りこれも腰にしがみつき、慣れさせてみた。最後はちょっとだけ、知らぬ間にボーゲンが出来るようになっていた。

しばらく雪遊びをして

三本目。

リフト降り場から、緩斜面は一人で滑らせてみた。

むむむむむ。

ボーゲン出来るようになってる??

スラロームもこれるか??

後ろを振り向くとボーゲンだけど、トップから回してるぞ???!!
さらに整地にきて、急に足を揃えだした。

おい!!暴走するぞ!と思いきや

パラレルの小回りっぽくターンしてる!!

??????

どういうこと???

滑り方なんてぜんぜん教えてない。八の字してスピード落とせくらいしか言ってないが・・・

息子になんで足を揃えられたか聞いてみた。

『だって、いつもスキーのビデオ一緒にみてるじゃん!』

だって・・・・・・

えっ???
動画をみて、イメージだけで子供は滑れちゃうのか???
やっぱり、イメージというのは大事なんだと。

改めて強く再認識させられた1日であった。

夕暮れランニング(LSD)

今日は基礎体力アップのためにランニング
明日はファミリースキーだから、明日への疲労度はあまり考えず、適度な強度で。
1時間のんびり8キロランニング。


近所の景色も

時間帯によっては素敵に見える。

遠くに富士山

漫画『はじめの一歩』に出てくるような土手

そして夕暮れ。
ランニング余裕で30キロ走れるようになりたい・・・

願望・・・

イメトレ(ショートターン)

今週はテクニカルに向けての練習が出来なさそうなので、イメトレ。

過去の自分の滑りの動画を見ていたら気づいたことを。
〇ショートターン

ターン始動時に外側の脇が甘い。外足への圧がかけきれていない。

→ターン始動時に外胸をやや前へ出す時に肩を少し落とす意識で滑ってみよう

〇ロングターン

ターン始動時に板のトップの捉えが甘い。体重がやや後傾になっている。

→切替の時にほんの数ミリ腰を高い位置に戻してからトップから両足のトップから捉えられるように意識してみよう。

※最近、内足を意識しすぎて、外足の圧が弱くなっていた。

※急斜面への対応として、膝の返し、ターン後半に板の上にお尻が乗っていくよう身体も動かしていく。

スキーグラフィックを読みながら、試行錯誤です!

テクニカルを目指す上でのメンタル

とある山好きな友人から

聞いた話。

海外の山も登っている登山家に
プロの登山家とは!!?

という質問がなされた。

『どこの山を登っているかではなく、毎日の中でどれだけ登山のことを考えて、思って生活しているか、それがプロの登山家だ』

という話を聞きました。
うーーん

いい話だ!!!

私も日々の生活の中でいかに板を走らせて滑ることが出来るのか!コブの吸収は?骨盤の動きは?

生活の合間、合間でスキーへの思いを馳せている。

本当は山の中で立木を視点にこんなイメトレをしたいが、今日は雨だし

職場の階段で我慢しよう!

よし!

早速

小回りの板の走りをイメージした

イメトレをやってこよう!!!