2016シーズン10日目(+2日)

スキー合宿3日目。
3日も連続で滑る機会は滅多にないので、楽しみました!!

足裏感覚がさすがに3日連続だと、いい感覚になりますね!!
いつも滑れる人たちが羨ましいです(^^;;

と妬んでばかりいても上手くなれないので、貴重な3日目も試行錯誤しながらの滑走です!


昨夜の天気はかなり降雪が……と言ってましたが、上雪?諏訪周辺は降ったようですが白馬エリアは上部で10cmくらいでしょうか……
まだまだ寂しい感じです。

〇本日意識したこと

ロングターン

•伸脚の動作にメリハリ。

→まだまだ、足りなかった。後半の曲げて加圧する意識と前半から身体の外へ足を出して行く意識を高めよう!
ショートターン

•ブレーキ時、板の向きは斜め45度まで。

•一気に圧をかけにいく。

→斜め45度の意識は非常に滑りやすい。次のターンへ繋がりがよくなった。

ロングターンとも共通するが足を外へ出していき、一気に圧をかける動作がまだ緩い。

加圧力も、切り替えからのスピードも足りない。

〇動画で気づいたことは

ショートターン

•右肩が常に下がっている。

•左右のターンで身体の向きがちがう。左足外の時に身体が回りすぎる。

〇滑走中気づいたこと

•内足の意識、内足の足首をロックできてれば、外足もロックできるポジションに自然となりそう!!

•内足の荷重はやや踵寄りが押しやすい。

•急斜面に慣れていない。(雪不足のため、滑走可能な急斜面がなかなか無い。)

•急斜面で動作が遅れる。もう2テンポくらい、動きを早くする必要がある。

ツラツラと書いてしまいましたが、

3日間で確実に進歩したことがありました。

かなりの緩斜面で、片足でのターン。初日はまったく出来ませんでしたが、3日目にストックを使えばなんとかターンっぽくなってきました!
内足(小指側)の使い方のトレーニングになるようです!!
〇本日の動画
白馬47ルート2急斜面
完全に動作が遅れ気味に……(T^T)

白馬47ルート2やや急斜面
こちらは斜度が若干緩いため、ほどほどいい感覚でした。

先日の八方で教わったこと。

「検定は普段の8割の滑りしかできない。よくて、8割と思っていた方がいい」
うーーん。その通りだな!

8割のレベルを上げていくしかない!!

帰りは故郷の富士山が迎えてくれました。

またくるよーー!!白馬村!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA